雑談 | キャバクラやセクキャバでキャバドレスに目が癒やされる

雑談

セクキャバのシステムは、キャバクラとほとんど変わりません。違うのは、サービス内容とワンセットあたりの時間くらいでしょうか。
セクキャバの場合、ワンセットは60分未満であることが多いです。40分で5000円くらいが相場となっており、深夜に近づくほどワンセットあたりの料金が高くなります。
では、早い時間の方が得なのか?という疑問がわきます。料金だけで言えば、早い時間に入る方が得ですね。ただ、あまりにも早過ぎると、あまり女性が出勤していない可能性が考えられます。ただし、早めに出勤している女性に好みの子がいればかなり有意義な時間を過ごせます。もしかしたら、昼はリアルにOLさんをしている女性とお目にかかれるかもしれません。

つまり、深夜の時間が近づくにつれて、店でレギュラー勤務をしている女性が多いことになります。レギュラーかそうでないかは、あまり見分けがつきません。プライベートで会おうとしないかぎり、あまりこちらには関係ないので気にしなくていいでしょう。

デリヘルなどの風俗を呼ぶ時でもそうですが、最初に少し雑談をしますよね。あれはなんとなく気まずいから・・・という意味でやっている人が多いと思います。
いきなりエロ心をむき出しにすると、中にはひいてしまう女性もいます。例えば、寿司屋に行って、席につくなり「とっとと寿司握れよ!」と言っているお客がいたらどうでしょう。大将も涙目になってしまうかもしれません。つまり、雑談の時間は決してムダではないようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加